貸出政策

貸出政策とは、中央銀行が金融調節を取引先金融機関への手形の再割引や貸出を通じて実施し、企業や個人の経済活動に影響を及ぼす政策のこと。その中心となるのが公定歩合操作のため、公定歩合政策・割引政策などとも呼ばれる。

公定歩合の変更はアナウンスメント効果コスト効果で実体経済に直接的な影響を与える。

日本では、金融調節において長年にわたって貸出政策が重視されてきたが、日本銀行はオペ中心の金融調節手法が確立したことをうけて、1996年1月に今後は金融調節にあたり貸出政策を重視しないことを表明した。