貸借取引とは

賃借取引とは信用取引の決済に必要な資金または有価証券を、証券金融会社証券取引所の会員である証券会社に、取引所の決済機構を通じて貸し付ける取引。証券会社は顧客の信用取引の申込に対して自社で資金や貸株が調達できない場合は証券金融会社に貸付を申し込む。したがって、証券会社が必要な資金や株券を貸し付ける信用取引と連動しているものといえる。一般的には両者をあわせて信用取引と呼ぶ。

賃借取引では証券会社は証券金融会社に担保を納める。これを賃借担保金と呼び、顧客から預かった委託保証金があてられる。賃借取引の対象銘柄証券金融会社証券取引所が賃借取引を認めたものに制限される。これを賃借銘柄という。

賃借銘柄の選定は上場株式数や株主数などの流動性の観点から行われ、信用取引銘柄の選定の基準と比べると厳しくなっている。