貸付真実法

貸付真実法とは、すべての貸し手が、契約を完了する前に、貸し付けまたはリース契約の主な条件についての詳細を借り手に対して開示し、すべての費用に関する明細書を提供する事を定める規定のこと。

明細書には、貸付金やリースの利子などをドル表記と年率(APR)で記載しなければならない。

さらに明細書は、貸し付けの大部分について、融資元本の総額、すべての利子、手数料、サービス料、ポイント、クレジット関連保険料、支払期日および期間、その他の費用も含まなければならない。

この法律の消費者信用保護の部は1968年に可決され、1980年に簡素化および改正が行われており、レギュレーションZとして知られている。消費者リースの部は、レギュレーションMと呼ばれる。