貸付有価証券

貸付有価証券とは、金融機関が保有している有価証券を、一定の貸付料を徴収して取引先に貸与する取引、あるいはその証券のこと。

取引先には、 自己資金の固定化を避けつつ、納税延期、入札保証、商取引の担保として利用できるというメリットが、金融機関には有価証券の利息、配当の以外に貸付料を徴収できるというメリットがある。


通常、金融機関の取引先が、第三者から借入を行う際に有価証券を担保として利用することがあり、金融機関にとっては一種の債務保証である。取引先が債務の返済を怠った場合には、第三者である債権者によって有価証券が処分されるため、貸付は信用度の高い顧客に限定される。

貸付形式には、登録債質権を設定する形式と現物を貸す形式がある。現物を貸し渡す方式は、無記名の有価証券を利用して貸し付けた有価証券そのものを返還する賃貸借と、同種同質のものを返還する消費貸借に分けられる。

登録債の貸渡しは金融機関所有の登録債に、質権もしくは担保権を設定し物上保証するものである。