貸し渋り

貸し渋りとは、銀行などの資金の貸し手が、その貸出を抑制する行動のこと。新規の貸出量の減少や、さらに貸出残高の減少として観察される。

1990年代の日本経済において、貸出量の顕著な減少が発生され、その原因として貸し渋りが指摘された。銀行などが貸し渋りをする理由としては、BIS規制の導入や地価の下落による土地担保融資の停滞などがあげられる。

理論的には貸出市場における貸出供給曲線の上方シフトと理解される。