買われすぎ

買われすぎとは、ある特定株式の株価や有価証券市場全体の価格が急騰して、買い手がさらに価格を押し上げる見込みがない状況のこと。

テクニカル・アナリストにとって買われすぎの市場は、調整(急激な価格下落)が起こりかねないという危険信号である。