買い戻し

買い戻しとは、企業が公開している自社株や、自社債を公開市場で購入すること。

自社株の買い戻しは、 1株当たりの利益を増加させ、株式をより魅力的にすることである。収益は変わらないが、株式数が減るため、1株当たりの利益は増加する。

株式交換で資金を調達して買収費用を払ったり、従業員にストック・オプション・プラン用の株式を用意したりするために、企業が買い戻しを行うこともある。

市場に出回っている株式数を減らして敵対的買収のリスクを低減する目的や、株式の価格をつり上げて短期売買を阻止する目的で行うこともある。

一般に金利上昇の影響で、企業は自社債券が割引価格で売られているときに、これを買い戻すことがある。公開市場で額面より安い価格で購入することにより、企業は債券が満期になったときの償還費用を低減することができる。