貨幣錯覚

貨幣錯覚(money illusion)とは、実質的な財や貨幣に対する需要(供給)が実質所得だけでなく価格水準によっても影響される状態のこと。

通常は、実質的な所得が一定のときには、価格の上昇で名目的な所得が増加しても、人々は実質的な支出を増やそうとしない。しかし、貨幣錯覚のあるときは、価格の上昇であたかも実質的な所得が増加したと感じて、名目所得と実質所得の比例以上に名目的な支出を増加させる。