調整金とは

調整金とは、賃借取引で新株の割当によって、新株引受権の入札が実施される際に、新株引受権価格を基準で算出した入札株式の新株引受代金と、現実に落札した会員が支払う落札総代金とに差が出た場合に証券金融会社が自社に損得が発生しないように証券金融会社と買方のうち権利放棄会員、あるいは売方会員との間で交付または徴収される調整のための金銭をいう。

新株引受権の入札には売り入札と買い入札があり、買い入札は権利付最終日に賃借残が売り超過になった場合に行われるものであるのでほとんどないといってよい。