評価益

評価益とは、価値が増加する資産を所有する場合、そのいかなる価値の増加も評価益、すなわち未実現利益という。

ある資産を、購入価格以上の金額で売却すると、評価益は現実の利益(実現益とも呼ばれる)になる。資産の価値が減少した場合も同様で、その資産を売却するまでは評価損だが、売却されると実現損となる。