証拠金取引

証拠金取引とは、アメリカにおける株式取引手法の1つで、マーシン取引のこと。

買方や売方が売買代金の一定比率にあたる証拠金を担保とし、決済に必要な資金や株式を証券会社から借り入れて行う売買である。

限られた資金で多額の売買が可能となる利点がある一方、株式の価格が反対方向に動いたときには損失額も大きくなるリスクを抱えている。