証拠証券

証拠証券とは、証拠方法としての証券のこと。借用証・受取証・預金証書などのように一定の事実を証明する書面。

証拠証券上に何らかの財産上の権利が記載された場合でも、その権利は当該証拠証券とまったく離れて発生・行使・移転され、それらについて当該証拠証券を必要としない。

証拠証券を有していなくても、権利者は自己の権利を証明して権利を行使することが可能である。証券会社が顧客の有価証券を保護預りする際に発行する預り証も証拠しよう証券である。証拠証券は有価証券ではないが、有価証券は証拠方法としても役立ちうるから証拠証券の性質を有する。