証券取引法第65条

証券取引法第65条とは、銀行等金融機関の証券業務を原則的に禁止している条文のこと。

1948(昭和23)年の証券取引法の全面改正にあたって、アメリカの1933年銀行法(グラス・スティーガル法)の銀行の証券業務兼営禁止規定にならって、新たに定められた。

65条問題といえば、証券会社と銀行間の垣根問題を意味する。同条は、銀行等の金融機関が証券業を営業として行うことを禁止する一方で、例外を認めている。