規制金利

規制金利とは、法律によって規制もしくは関係者が資金需給を勘案しつつも一定のルールに従って決定する金利のこと。長・短プライムレート、預貯金金利、債券発行条件等がこれに該当する。

日本では1993年6月に預金金利の自由化が完了するまでの間、金利が規制されていた。