裁定解消売りとは

裁定解消売りとは裁定取引において利益を確定するために現物株式を売ることを指す。裁定取引とは、株価指数先物と現物株価指数のベーシスが理論値から乖離したときに割安なほうを買い、同時に割高なほうを売り、ベーシスが理論値に戻ったときに反対売買を行って利ざやを稼ぐ売買手法をいう。先物取引の最終日に両者の価格は必ず一致するので、リスクなしで利益をあげることができる。