裁定取引

裁定取引とは複数の商品の間に生じた価格差や金利差を見つけ、同時に割安なものを買い、割高なものを売るという1組の取引を行って、リスクなしに収益を確定させる取引のこと。ービトラージとも呼ばれる。金利裁定もこれに含まれる。


効率的な市場においては裁定取引を行う機会はあまり存在しない。現物市場と派生市場の間で裁定取引は活発に行われている。最も有名なものは、株価指数先物市場と現物株式市場間の価格不均衡を利用して収益をあげる指数裁定取引である。株価指数先物の市場価格と先物理論価格を比較して両者に差があるときに割高な先物を売って同時に割安な現物をかうことで、価格の不均衡が解消されたときに超過利益を得る方法である。


債券先物と現物債券との裁定取引、債券先物と債券先物オプション市場間、債券先物コールオプション間、プットオプション間の裁定取引などがある。



・コンピュータ技術の発達で大量かつ迅速な情報処理が可能になったこと
・規制緩和
・仲介手数料など取引コストの低下
・オプションなど派生証券市場の発達
などの要因から多種多様な裁定取引が活発に行われている。

本来リスク(不確実性)がほとんどないものを指すが、最近ではM&Aなどによる価格の大幅な変化を見込んでポジションをもつことをリスクービトラージとよぶなど、使う範囲が大きくなりつつある。