被相続人にかかわる所得

被相続人にかかわる所得とは、本人が生存していれば受け取るはずの所得で、本人の死後、受取人に支払われる所得のこと。

本人の401(k)プランや個人退職年金プラン最低分配額として、受取人が手にする所得がある。この場合、受取人は、本人が生存時に支払っていたのと同じ税率で税金を納める必要がある。