表面金利

表面金利とは、資金の貸し手が借り手に対して課す金利のこと。

貸し手は、1年当たりのローンの実質コストを年率(APR)で表し、借り手に伝える。年率(APR)は貸し手が請求するすべての手数料と1年分の利子負担を合わせたものとなり、借り手は正確な年間金利を知ることができる。これにより同じ条件でのローンの比較が可能になる。