行動ファイナンス

行動ファイナンス(理論)とは、投資家の行動様式や行動理由が市場に与える影響を分析するために、心理学と経済を融合させたもの。

行動ファイナンスの理論家は、投資家の非合理的な行動が市場価格に影響を及ぼすという見方を実証するために、17世紀オランダでのチューリップの球根の価格高騰による市場暴落から、最近の1980年代のジャンク債や1990年代のインターネット株式の例に至る、注目株やバブルのような市場現象に注目して分析を行う。