行動ファイナンスとは

行動ファイナンスとは、実際に人々が金融経済活動における意思決定においてどのように行動するのかを把握するための実証理論である。

現実の世界ではうわさやチャートが発するシグナル、他人の行動に追随する群集心理などの投資家心理が存在しており、合理的に行動している投資家も巻き込んで市場の効率性をゆがめている。
また、証券価格はファンダメンタル価値に一致しているとは限らず、むしろ一致しないことのほうが多い。一致するのに必要な裁定取引が制約されているからである。

この投資家心理と非効率な市場が行動ファイナンスを成立させる2つの前提である。

合理的人間がとるべき行動を明らかにする従来の伝統的な経済理論と大きく異なり、行動ファイナンスでは心理的な要因がファイナンスにおける企業意思決定や金融市場に与える影響に注目する。特に認知心理学と判断と意思決定に強い関係がある。