総資金利鞘

総資金利鞘とは、銀行の主要な運用資産である貸出、コールローン、証券の利回りと、主要調達資金である預金、借用金、コールマネーのコストの差のこと。
一般的に運用資産の利回りと調達資金のコスト(利息と経費の合計)の差を利鞘という。
銀行の総合的な収益の動向をチェックするための指標となっている。高度成長期以後、銀行の総資金利鞘は低下しつつある。