総平均法

総平均法とは、有価証券および棚卸資産の原価法による評価方法のひとつである。

有価証券では、有価証券の種類(国債・地方債、社債、転換社債、新株引受権付社債、株式等の別をいう)および銘柄の同じものごとに、期首の取得価額の総額と期中の取得価額の総額との合計額を総数量で除した金額を有価証券の1単位当りの取得価額として期末の評価額を計算する。