継続差額清算方式

継続差額清算方式とは、売買注文において、相殺されずに取引日の終了時に未決済のまま残るものを再割り当てし、差額を算出する清算方法のこと。証券取引の大部分が証券会社内で清算と決済が行われる。

分かりやすい例でいうと、ある証券会社の顧客が購入した株式Aのすべての持ち分は、その会社の帳簿上の所有権を再割り当てすることにより、その証券会社の顧客が売却したすべての株式との間で差額を算出する。支払いも同様の方法で行われ、資金は買い手の口座から売り手の口座に移動される。

証券会社において株の売却よりも購入が多い場合、当然のことながら株式を受け取り、支払いを行い、逆に購入よりも売却が多い場合は株式の引き渡しを行い、支払いを受けることになる。相殺されなかった取引の清算や決済は、米国証券保管振替機関(の
2つの支部、全米証券決済機構や米国証券振替機関を通じて、自動システムによって処理される。