組合方式

組合方式とは、資産の証券化、流動化、証券運用などに際し、運用の受け皿あるいは導管として、商法で規定された匿名組合を利用することである。

投資家は組合員となり特定の事業主体(営業者)が運営する組合に金銭を出資し、営業者は当該出資金を元手に資産を運用して、そこから生じた利益を組合員である投資家に分配する。

第三者との間の権利義務関係は営業者のみに発生し、匿名組合員には発生しない。すなわち、匿名組合を利用すれば、組合員が無限責任を負うリスクを避けることができるという出資者の利便性があり、資産の証券化、流動化の受け皿として利用される。