終身保険

終身保険とは、保険料が定額の死亡保険金を保証する長期保険のこと。

この従来型の生命保険は、終身生命保険または貯蓄性生命保険としても知られている。

終身保険契約では、保険料の一部が保険にあてられ、残りは税が繰り延べられて、解約返戻金勘定に積み立てられる。この勘定残高を担保にローンを組むことができるが、死亡時までに返済されなかったあらゆる金額は、死亡保険金から差し引かれる。

保険契約を解約すると、勘定残高から手数料および経費を差し引いた解約返戻金を受け取ることになる。ただし、中途解約は生命保険の消失を意味し、死亡時に死亡保険金が支払われなくなる。