純資産

純資産とは、配当を支払った後の残高である利益剰余金と、資本勘定にある総額を足した合計からすべての短期および長期の債務を引いた金額のこと。

純資産は株主資本とも呼ばれ、投資家が投資を検討する際、企業を評価する一つの要素となる。