納税者番号制度とは

納税者番号制度(taxpayer identncation number system)とは、納税者に番号を付与して、各種の取引を行う際に取引の相手方に番号を告知することと納税者と取引の相手方が税務当局に提出すべき各種書類に納税者の番号を記載することを義務付けることによって、課税資料を番号に従って集中的に管理する方式のこと。

納税者の所得等の正確な把握を通じ適正かつ公平な課税の実現に資するとともに、税務行政全般にわたる効率化を図るために実施される。