粉飾決算とは

粉飾決算とは、意図的に虚偽の決算数値を報告すること。商法および証券取引法で禁じられている。一般的に、多額の損失が発生した際にそれを糊塗すべく利益を過大表示するケースが多い。費用を先送りする、本来は来期に計上すべき売上を前倒しして今期に計上するなどの方法がとられる。

逆に利益を過小計上するときは逆粉飾決算という。こちらは主に納税額の削減や、価格交渉や賃金交渉を少しでも優位に進めようとする動機に基づく。虚偽の決算数字が報告されれば投資家が正常な判断ができなくなってしまうため、投資家が被害をうける。一般的に、不況期になると粉飾決算を報告する企業が増加する傾向が強い。連結決算制度を導入することによって、粉飾決算の発生をある程度抑制する効果がある。