簡易従業員年金制度

簡易従業員年金制度(SEP)とは、従業員の名義で個人退職年金プラン(IRA)として開設される適格退職年金制度のこと。

小規模企業の経営者は、自身でSEPを開設することが可能である。

このようなプランを提供している会社で働いている場合は、従業員として加入することが可能である。連邦政府は、加入条件、最大年間拠出限度額、引き出しを管理する規則を定めている。