空売り残高

空売り残高とは、投資家が株価の下落を予想して空売りし、その後まだ買い戻されていない特定株式の総数のこと。

空売り残高は、市場における悲観度の指標や株価が下落する兆候と考えられることが多い。空売り残高をプラスのサインと見るアナリストもおり、空売りは最終的に手仕舞い買いをしなければならず、再購入の必要がある。