稀薄化防止条項とは

稀薄化防止条項とは、転換社債型の新株予約権付社債の発行後に、会社が新株の発行や、株式分割をすると、転換権の価値が下がることを防ぐための条項。新株予約権付社債の発行の契約に盛り込まれる。稀薄化防止条項は、希薄化の程度に応じて転換価格の調整を行うためのものである。

調整の方法としては、転換価格を転換権の実質価値と考える転換価格(コンバージョンプライス)方式と、株式の時価と転換権の実質価値を考える時価(マーケットプライス)方式がある。

日本では一般的に時価方式が用いられ、株式の時価を転換権の価格とみなし、時価を下回った価格での新株発行や株式分割によって株価が下落して転換権の価値も減少するのを防ぐために行われる。