私募発行とは

私募発行(private offering, private placement)とは、少数を対象として、新規有価証券の発行と申込勧誘を行うこと。一般に、新規に発行された有価証券は、勧誘を受けた投資家等が承諾することで契約が成立し、投資家などに「取得」される。

少人数の投資家への勧誘は私募とされるため、投資家保護の必要性は低いとして公募の場合ほどの情報開示義務は課されないのが特徴である。ただし、勧誘の相手は少数、つまり50名未満でなければならず、取得後も譲渡・転売されるおそれの少ない有価証券でなければならない。

一方、多人数(証券取引法施行令により50名以上)に向けた勧誘を「募集」といい、これがいわゆる公募にあたる。その場合、多数の投資家を保護するため、有価証券届出書の提出、目論見書の作成・交付など、強い情報開示義務が課される。

なお、証券会社・銀行・保険会社などの適格機関投資家が対象のプロ私募の場合には、対象者が50名を超えても、情報開示義務はゆるやかである。