社債浄化運動

社債浄化運動とは日本での発行社債の有担保義務づけの契機となった運動のこと。昭和初期までは無担保社債が一般的であったが、大正末期から昭和初期にかけてデフォルトが多発し、投資家が大きな損失をこうむった。

このため、社債市場への投資家の信頼を高めるために1933年5月に起債関係者が集まり、社債発行における有担保原則および減債基金制度の導入等の申合せを行った。

しかしながら、現在では再び無担保社債が一般的にとなっている。