社債権者

社債権者とは、社債の保有者や株主と異なり、利益の有無にかかわらず一定の利息を請求する権利を持ち、会社の解散の場合には株主に優先して会社財産から弁済を受ける者のこと。

その反面、株主のように企業の経営に関与する権利は持たない。社債権者の利益擁護上必要がある場合、社債権者集会において多数決で社債権者の総意を決定する事が可能である。

社債権者集会は、社債権者の利害に重大な関係がある事項について社債権者の総意を決定するために、総社債権者で構 成される合議体である。社債権者集会では、各種類の社債ごとに開かれる。

同集会において、決議できる事項の原則としては、法定事項に限られるが、それ以外でも社債権者の利害に重大な関係がある場合には, 裁判所の許可を得て決議できる。同集会 は必要な場合に随時招集されることになるが、招集者となることができるのは、起債会社・社債管理会社および少数社債権者となる。

社債の最低額ごとに1個の議決権が与えられる。原則として出席した社債権者の議決権の過半数によって決議が行われる。