社会保障と続合した年金プラン

社会保障と統合した年金プランとは、雇用主が、被雇用者の社会保障給付の一部を、被雇用者が権利を持つ確定給付年金の計算に組み入れ、該当する金額を被雇用者の所得から差し引く年金のこと。

被雇用者は双方から支払いを受けることになるが、年金が統合されていない場合に比べて雇用主から受け取る金額が少なくなる。

社会保障と統合した年金プランを採用している雇用主は、法律により、被雇用者の個人年金の50%を超える減額はできない。