確定拠出型年金

確定拠出型年金とは、給付水準が決められておらず加入者の拠出額と運用実績に応じて将来の年金給付額が定められる仕組みの年金のこと。

景気の悪化等を背景とした運用不振などによる積立金不足問題の顕現化と企業財務への影響、年金数理計算等の制度維持コスト負担増などを背景として確定給付型年金の維持コストが上昇したために、確定拠出型の制度として著名な米国の401(k)制度を参考として、日本でも2001年10月確定拠出型年金制度(日本版401(k))の企業型が、翌年1月には個人型がそれぞれ導入された。

この制度では、従業員が年金拠出額の運用方法を自己責任において選択するため将来の給付額変動のリスクを負うことになる。一方、転職の際に年金口座を継続できる(ポータビリティ確保)、企業側は運用利率が予想より低くなっても追加拠出負担を負わないなどのメリットがある。

掛金の拠出時には一定限度まで非課税であり、支給開始年齢である60歳になるまでの引出しは認められない。