知的財産権

知的財産権とは、人間の知的活動による創作物と営業上の信用(標識)を独占的に利用できる権利のこと。つまり、知能的産物に対する排他的な支配権の総称である。人間の知的活動による創作物に対する権利としては、特許権、実用新案権、意匠権、著作権などが存在する。


特許権は自然法則を利用した技術的思想の創作物のうち高度なものである「発明」、実用新案権は発明ほど高度でない「考案」、意匠権はデザインなどの「意匠」、著作権は、音楽や小説、論文、映画、絵画、プログラムなどの「著作物」を対象としており、それぞれ特許法、実用新案法、意匠法、著作権法で保護されている。知的所有権のうち、特許権、実用新案権、意匠権、商標権は、工業所有権として分類される。

一方、営業上の信用(標識)としては、事業者が事業活動を行う際の名前として用いる「商号」、商品・サービスを示すための「商標」(ブランド)があって、それぞれ商法、商標法で保護される。

営業秘密の不正な取得や使用、有名ブランドの模倣商品の製造・販売など、知的所有権を侵害する不正な競争行為は、不正競争防止法で規制されている。

コンピュータやインターネットの普及にともない、これらを活用した新しいビジネス手法もビジネスモデル特許として保護の対象になることがある。近年では、企業や国の競争力を高めることを目的として、知的所有権の保護や活用を国策に取り上げる国が増えている。日本では2002年12月に知的財産基本法が制定された。