着地取引

着地取引とは将来の一定の時期に受渡をする条件で現在の相場で債券売買の約定をする取引のこと。通常は約定日から1ヶ月以上6ヶ月未満に受渡をする場合を指す。債券先渡し取引の一形態。

顧客の買いを買い着地(着地)、売りは売り着地(逆着地)という。現時点で約定売買を行って受渡が将来に行われる一種の先物取引。空売りや差金決済などの投機的な要素は排除されている。

1975年頃から証券会社が農林系統金融機関を相手方として開始し、1976~78年頃に金融緩和の進展を背景に拡大した。しかしながら、金融引締めにともない債券市況が下落した1979年から急速に縮小した。

証券会社が債券の売り手となる取引を着地取引と呼ぶが、買い手となる取引を逆着地取引と呼ぶ。

債券先物取引市場などのインフラが整備されて金利変動リスクのヘッジが容易になったことから、近年では着地取引の利用は少なくなっている。