相続税

相続税とは、遺産の総額が非課税枠を超えている場合に支払う税金のこと。

遺産が所得税よりも高い税率で計算される相続税の対象となる場合には、その価値を下げる努力が行われる。そのために、非課税の贈与を行うことや、解約不能信託の設定など、戦略的な相続税対策を行うことができる。

さらに、米国市民と結婚し、財産をすべて配偶者に遺す場合は、遺産の価値にかかわらず相続税は課税されない。ただし、相続した配偶者の死亡時には、相続税を支払うこととなる。また、州独自の相続税の問題にも直面することがある。