相対売買とは

相対売買とは、売方と買方が1対1で値段、数量、決済方法を決めて行う取引。これに対して取引所を介しての取引のように多数の売り手と買い手との間にあらかじめ定められた統一的な条件により売買を行うのが競争売買である。

相対売買は店頭取引において行われる。