相対取引の特徴

CFDというのは基本的には相対取引で行われている投資法です。相対取引とは何でしょうか?
相対取引というのは、取引を行っている当事者どうして売買の数量や価格を決めることができる取引のことを言います。

CFDの場合には、CFDを取り扱っている証券会社とあなたとが直接的に取引することができるということになります。ですからCFD取引をするときに、どこの業者を利用するかによって、取引を有利にすることも不利にすることもできてしまうということになります。業者が取引の条件について、自由に決めることができるからです。

この点については、店頭取引と呼ばれるやり方とは大きく違います。店頭取引の代表的な事例として、株式取引があります。株式取引は業者と個人で勝手に取引を決めることができません。あくまでも、証券取引所を通じて、証券取引所の決めた価格で取引をしないといけません。相対取引の対義語として、絶対取引ともいうこともあります。

もしCFD取引をする場合には、複数の証券会社に口座を開設してみるといいかもしれません。そして実際にいろいろなところで取引をすることで、自分の取り筆記スタイルに最も合っている業者を探すといいかもしれません。