相対ネット与信限度とは

相対ネット与信限度(net credit limit)とは、銀行間で資金振替を行う場合に、相手行ごとに相対ネット与信ポジションの上限を設定して、それ以上は与信をもたないとすること。

決済にともなうリスク削減策の1つ。これによって、仮に相手行が支払不能に陥った場合、自行のリスクを与信限度内に抑えることができる。