直接金融

直接金融(direct finance)とは最終的貸手が、最終的借手の発行する債券や株式などの証券を直接購入することによって金融が行われる方法。間接金融に対する用語である。

間接金融では銀行、保険会社などの金融仲介機関が金融仲介の機能を果たすが、直接金融では通常は証券会社が貸手と借手の間に立って仲介することになる。ただし、借り手が証券による資金調達を行うとき、それを金融機関が引き受ければ、直接金融ではなく間接金融となる。

高度成長期には、間接金融での資金供給が大部分を占めたが、近年の証券市場の拡大に伴い、直接金融による資金調達が増えてきている。