直接購入制度

直接購入制度(DPP)は、直接株式購入制度とも呼ばれ、証券会社を介さずに投資家に債券・株式を売ることができる制度のこと。

公開企業の中には、投資家がプローカー中を介さずに直接、株式を購入することができる直接購入制度(DPP)を設けているところもある。
直接購入制度を利用する場合、小売りのブローカーを介して株式を購入する場合よりも少ない手数料や取引手数料がかかる場合がある。また、手数料を全く請求しない直接購入制度もある。

直接購入制度の口座の開設手続きは簡単である。直接購入制度を利用して、その会社の端株を購入することができるので、一括で投資するのか、あるいは投資スケジュールに従って少しずつ定期的に買い足していくのかを選択することができる。

購入した株は企業の帳簿に記録され、さらにこの制度を通して株を売却することもできる。