直接資金援助

直接資金援助(direct assistance)とは、銀行の破綻表面化を防止するため、経営困難となった銀行が閉鎖にいたる前に米国のFDIC(連邦預金保険公社)が当該銀行に預金預入などの資金援助を行うこと。FDICの破綻処理方式の1つ。

この方式は金融機関保護と預金者保護との分離が曖味になることと、中央銀行の貸出との役割分担をどうするかという問題を抱えているため、実施はかなり限定されている。金融環境が銀行破綻の波及におよぶほど不安定化した場合に発動可能とされる。