直接償却

直接償却とは、償却の方法のうち、債権の放棄や売却によってバランスシート上からその債権を切り離して損失として計上する会計処理方法のこと。金融機関に不良債権が発生した際に債権額から貸倒れ見込みを控除して、回収可能な金額に直す償却の方法の1つ。

直接償却は、貸倒れ額に見合った貸倒引当金をあらかじめ積む間接償却と異なり、実施時点で損失額が確定するので、「最終処理」ともいわれる。