直利志向

直利志向とは、債券投資において、直接利回りを重視する投資態度のこと。

直接利回りとは、債券の償還損益を考慮せず、クーボンを取得価格で除した比率である。
日本の金融機関は、インカム利回りなどを収益尺度として重視する傾向にあるため、毎期の収入を高めようとして、利回りの高い高クーポン銘柄を選好しやすい。