発行市場

発行市場とは、企業や政府などが、新しく有価証券を発行する際に投資家を募る場所のこと。株式や債券が初めてに売りに出されたときに購入し、発行元に購入費用を支払う場合、購入者は発行市場で買っていることになる。

一方、もし売り出し後のある時点で有価証券を買い、購入費用がその有価証券の売り手である投資家の元に行くなら、購入者は流通市場で買っていることになる。