発行市場とは

発行市場とは、資金の調達を目的として発行される株式や公社債が投資家に売却される市場のこと。直接発行者から売却される場合と、仲介者を介して売却される場合がある。

有価証券の発行、引受、募集をする発行市場はいったん発行された有価証券の売買をする流通市場と区別される。ただし、両者は密接な関係をもっており、流通市場での既存の再建の利回りや現在の株価が、発行市場で新しく発行する債券や株式の発行条件の基準となる。

債券の流通利回りを反映して発行条件を決定することや、株式の時価発行増資や時価転換社債発行などによって発行市場と流通市場の結びつきを強めることは証券市場を通じた資金調達機能の強化につながっている。