生存者取得権

複数人が生存者取得権付きの財産を共同で所有している場合、所有者の一人が死亡すると、故人の持ち分は自動的に、生存している共同所有者に移る。

この共同所有権の取り決めは、共有不動産権として知られる取り決めとは対照的である。後者の場合、故人の持ち分はその遺産の一部となり、遺言書の条件に従い、売却または相続人に分配することができる。住宅を共同所有する夫婦は、存命中の配偶者が自宅の完全な所有権を持てるよう、生存者取得権を選択することが多い。